DREAM DREAM GROUP RECRUIT SITE

田村一輝

D2 主任

写真

社長が最大のライバル

僕は今ドリームドリーム2という店舗で店舗管理者をさせていただいているんですが、主には営業管理店舗管理っていうところを重点的にやっているんですけど、僕は業績が上がる部分はホールにあると思っているので、いかにお客様に楽しんでもらえるか、いかにお客様に来たいと思える店舗にするかというところをいろんな知恵を絞りながらやっています。
そして僕も若い段階で上に上がらせていただいたのでそれを早く活かせるように若い子達や部下たちに、今覚えてる数少ないことですけど、伝えていって一人でも多く上に上がってほしいですとか、店舗のために会社のために一人でも多くの人材育成、部下育成っていうのをやっていくようにしています。

僕はまだ知識も少ないですし経験も浅い方なのでスタッフにどう伝えるかっていうのを一番に考えています。
年齢的にもこれから入ってくる子とか今いてる部下達とも歳が近いですし、「これだよ」「あれだよ」って単調的に言うのではなくて、「なぜこうするのか」「なぜこういう風にしなければならないのか」というところをうまく噛み砕いて、いかに細かく伝えるかそれを理解してもらえるかというような伝え方が一番大事なのかなと思っております。

写真

ドリームドリーム2が舞鶴で唯一スロット専門店なのですが そのお店をまず舞鶴でナンバーワンにするというところが一番の近い目標です。
その先に個人的な目標として、自分のお店を持ちたい自分の店になって石渡社長を超えたいという目標を社員になった時からずっと掲げて、 社長にも直接お伝えしており、恩師であると同時に恐縮ですがライバルと言うか、いつか自分の店を持って石渡社長を越えてみたいという目標を持っています。

ドリームドリームというお店は、まずお客様のためにあるお店、従業員のためにあるお店、お客様の幸せ、従業員の幸せ、というのを念頭においてますので、入社されてからこそ学べるということもありますし、 入らないとわからないこともあると思います。
達成感とか成長している自分というのを実際にドリームドリームに入っていただいて自分の成長を自分の肌で感じ取っていただきたいなと思います。